fax営業をする注意点

SNS全盛期の時代にあえてfax営業をするメリットと注意点

今や1人1台は持っていると言われているスマートフォン。その中でも利用率がかなり高いSNSアプリのおかげで、個人個人に簡単に情報発信ができるようになりました。しかし、そんな時代にあえて時代遅れのfax営業をするメリットと、その注意点などを考えてみたいと思います。

faxはまだ生きている!fax営業のメリットとは?

海外ではもはや博物館の展示に加わるほど骨董品扱いにされているfaxですが、この日本ではまだまだ使用している会社は多いです。複合機と呼ばれているコピー機には必ずfax機能がついていますし、この先も今使っている複合機を、fax機能がついていないコピー機に買い替えることは考えにくいので、当面はfaxが利用される可能性は多いにあります。それは、fax営業の効果がまだ期待できるということでもあり、いろんな会社がSNSを使った営業に流れていく中、時代を逆流してfaxを使うというのは、逆に目立ちます。ただ、fax営業は使い方を間違えると、企業のブランドイメージを一発で損なわせる可能性があるので十分注意が必要です。

fax営業の注意点

faxというのは、トナーという、プリンターで例えるとインクのようなものが入っています。faxが受信されるとトナーと紙が消費されて、内容が印字されてでてくるのですが、このときに、トナーと紙が勝手に消費されるので、無駄な広告が入ってくると、かなり迷惑に感じられます。この点、電子メールによるダイレクトメールは、消費されるものがないのでそこまで迷惑に感じません。今では、迷惑メールのフォルダに自動で振り分ける機能があるので、届いたことすら気づかないことが多いのです。いかがでしょうか?この違い理解できますでしょうか?要するにfax営業は、流す相手とタイミングを間違えると、企業にとって大きなマイナスになる可能性が十分にあるということです。

効果的なfax営業の方法

基本的にfax営業というのは、送られてくる方にとっては、かなり迷惑な方法であるということを理解した上で使うことが大事です。むやみやたらに企業の宣伝をfaxで流すと、まちがいなく会社のブランドイメージを崩すでしょう。それでも今、fax営業をしている会社というのは一握りしかないので、ポスティングや電子メールによるダイレクトメールよりかは、読まれる可能性は高いのは確かでしょう。先方にとって、あなたの企業広告が本当にメリットがあるのかどうか、月にどれくらいの頻度で流すと効果的なのかということを、しっかりと考えてfax営業をすることが大事です。誰もがfaxなんて時代遅れという中、逆に上手く活用すれば、費用対効果が高いです。