迷惑をかけずにfax営業

迷惑をかけずに新規顧客を獲得するには?

fax営業で新規顧客を獲得したいと考えているあなた。faxを送っても迷惑がられるだけではないか?顧客獲得なんてできるのか?なんて不安に思っているかもしれません。ここでは極力、迷惑をかけずに顧客を獲得するポイントを紹介します。

なぜfax営業が迷惑がられるのか?

「届いても破って捨てるだけ」「紙とインク代がもったいない」「番号を知らせていないところからfaxが届いて気持ち悪い」。fax営業をうけた方からよく聞かれる声です。ひょっとしたら新規顧客を獲得したいあなたがfax営業を受けたらこのように感じるかもしれません。
では、なぜこのように感じてしまうのでしょうか?それは、「fax営業を受ける相手の立場にたって、faxを送ったのか?」ということが言えます。
faxを送った相手が「届いても破って捨てるだけ」と感じてしまうような、ビジネスに関係ない人におくってしまったり、「紙とインク代がもったいない」と思わせるような、営業内容(オファー)を送ってしまったり、などなど、新規顧客を獲得したい気持ちでがむしゃらにfax営業をしても、良い成果はなかなか出ないものです。

fax営業でのメリットは?

とはいえ、fax営業で成果をだすことができないのかといえばそうではありません。過去にはたくさんの新規獲得した実績や他の営業方法とくらべたメリットはたくさんあります。メリットについては3点ほどお話しします。

まずは費用

自ら営業に行くとなると、実際に営業をかけられる相手はそれほど多くありません。電話にしろ、飛び込みで行うにしろです。また、ダイレクトメールに比べても1件当たりにかかる費用はfaxDMのほうが安くなります。

直接メッセージが届けられる

ダイレクトメールだと封筒を開けてもらわないと中身を読んでもらえません。

時間を指定して送れる

faxする相手がビジネスをしている時は、営業時間帯に時間を絞るなどをして送ることができます。以上のことを、上手く工夫すればより費用対効果の高い成果が上げられやすくなるでしょう。

fax営業で成果をだすポイント

最後にfax営業で成果をだすポイントを紹介します。

ターゲットを広げすぎない

ターゲットが広すぎると、faxで伝えたいメッセージがぼやけてしまいます。ターゲットを絞り、ピンポイントのメッセージにすることで相手に伝わりやすくなります。

相手に価値のある情報を提供する

はじめから売り込みをしないで、まずは相手との信頼関係を構築することが、新規顧客を獲得する第一歩です。相手に価値のあるようなfaxや無料オファーなど、破いて捨てることが難しいような内容を心掛けましょう。

迷惑を感じた相手がすぐに配信停止できるよう

配信停止をしてきた人に対して誠意をもって対応すれば、クレームを受けることはほとんどないでしょう。フォームにチェックボックス作り、相手fax番号の差し込み印字をつける。
これらを参考にして、ぜひあなたのビジネスに役立ててください!