独立でもfax営業

独立したら活用したいfax営業

個人事業主として起業したときにはfax営業によって宣伝を行うことを考えておきましょう。独立して仕事を始めると全てを自分で行わなければなりません。その状況で効率的に営業活動を行う手法になるのがfax営業です。

顧客獲得の妙案

独立して起業するときにはいかにして顧客を獲得するかが大きな問題になります。宣伝広告を出すとは言っても様々な手法があり、どれを選んだら良いかで悩むことになりがちです。fax営業はその一つの候補ですが、企業を顧客として扱う事業を展開するのであれば特に有用な手法になるでしょう。DMのように顧客に対して直接広告を届けることができるのが特徴であり、相手との面識は必ずしもなくて問題はありません。企業を相手に事業を行える場合にはfax番号はホームページなどから簡単に入手できるでしょう。それを広く集めて送信すれば営業活動になります。不要という場合でも一度は目を通してくれる可能性が高いので知名度を高める効果は最低限でも期待できるでしょう。

売り込み方が自由自在

fax営業は売り込み方に好きなだけ工夫をすることができます。一つ一つのfaxに自分でメッセージを手書きしてアピール力を高めることもできれば、多くの相手に一斉送信して広く手間を掛けずに宣伝することも可能です。デザインも自由に決めることができるので、その時々に応じて適切な内容を盛り込めるでしょう。単価が安く、発信に手間がかからないことから個人で営業していても負担が小さいのもメリットです。何度も繰り返し送信することもプログラムを組んで自動化して行えば効率化できるでしょう。フリーランサーのように顧客の獲得と維持が重要な場合には十分に労力をかけてアピールすることもでき、店舗販売などのように広い宣伝が必要なときにはそれも自在に実現できるのです。

気をつけるべきポイント

fax営業は顧客に対して受信を迫ることになってしまうため、基本的には顧客に対する配慮を行うことが大切です。不要な広告を繰り返し送られるのが迷惑だと感じられてしまう場合もあるのでfaxを止められるオプションを記載しておくことが重要になります。また、個人を相手にするときには了解を得た上で行わないと悪徳業者と間違えられて訴えられてしまうリスクがあるでしょう。ただし、不特定多数の個人を相手にしたいときにも企業に向けてfax営業を行うという方法を取れます。日用品の販売や飲食店の経営などを行っている場合には特に企業に対してだけでなく個人も対象にしているというコメントをつけて営業を行うことができるからです。