効果をあげるfax営業

fax営業の効果を上げるコツ

営業利益を上げられるようにするための営業戦略としてfaxを用いる方法があります。fax営業の効果を上げるための簡単なコツを把握しておきましょう。効果が上がらないときには引き際を考えることも大切になります。

fax営業の基本は顧客候補の獲得

fax営業を行うときの考え方として、広告を送ることで購入をしてもらおうと考えるのはかなり大胆な考え方です。もともと購買意欲がある顧客に対してfaxで広告を送れば購入してくれる可能性はあります。しかし、通常はもともとはそれほど高い興味を持っていないものを宣伝することになるため、すぐに購入を促してもなかなか効果が上がりません。fax営業ではそれ自体によって購入を促そうという考え方をなくすのが重要です。顧客候補を獲得するという考え方から、資料請求やサンプル請求といった形で終えるようにすると反応率が高くなります。まずは興味を持っていない人の関心を高めるという観点から広告を作成するのがfax営業では重要です。

行動を起こさせるための工夫が不可欠

fax営業ではたとえ資料請求やサンプル請求といったものであっても魅力を感じてもらえない可能性があります。読んでくれた顧客が思わず行動を起こしてしまうような仕組みを組み込むことが重要です。たった一枚の紙だけでどれだけの情報を伝えられるかを考えるのも一つの手段ですが、過度な情報を与えても顧客は疲れて興味を失ってしまうだけでしょう。重要なのはすぐに行動を起こさなければならないという誘引を付けることです。期間限定で無料、faxが届いた人限定でプレゼントなどといった形で限定を行い、選ばれた人が限られた期間にしか利用できないものだという認識をさせるのが効果的です。このような工夫をすると反応率が向上するでしょう。

反応率を計算して引き際を考える必要性

fax営業での反応率は顧客の選び方によっても商品の性質によっても様々です。ある程度の労力と費用がかかることも考慮して、効果が上がらないときにはやめるという考え方も重要になります。引き際を考える上で重要になるのが反応率の計算です。fax営業は他の営業とは別の窓口で反応を受けられるようにしておき、送ったfaxの枚数に比してどれだけの反応があったかをわかるようにしておくのは賢明な考え方でしょう。クーポンを付けておいたり、別の電話回線を用意しておいたりすることで反応率は簡単に求められます。そして、さらにそれが購入に結びついたかどうかも考慮して、fax営業を続けるべきかどうかを判断するようにしましょう。