fax営業の効果を上げる

fax営業で効果を最大限上げる為のポイント

fax営業を活用して顧客の購買意欲を掻き立てたいなら工夫を行うことが重要です。ただfaxを送ったというだけではなかなか商品やサービスに目を向けてもらえないことはよくあります。どのような戦略が効果的なのでしょうか。

基本はコピーライティングの実施

fax営業を行う上で基本になるのはコピーライティングです。まずは基本的な営業手法として一枚の紙の上でコピーライティングを実現するように心がけて広告を作り上げましょう。動機づけを行って不安を掻き立て、その上で解決策として商品やサービスを提案するという流れを作り上げるのが大切です。そして、クーポンなどを付けて今すぐに利用すればお得になるということをアピールする構成にしておくと効果が上がりやすくなります。fax営業では細かなところまでは読んでくれるとは限らないので、これを文章だけでなくデザインで行うことも大切です。これが達成できると営業力が高くなるのは確かですが、あくまで基本であるという認識が必要でしょう。

他の方法を併用してアピール

fax営業は届いたfaxをろくに見ないで捨てられてしまったら意味がありません。ともするとただのポスティングと大差がないことになってしまいます。顧客に対してターゲッティングを行っているというのはfax営業の特徴なので、それを生かすためのアピールを行うことが重要です。他の方法を併用して目を向けてもらいやすくするのは効果的な工夫であり、時間差で電話をかけて営業を行うとたとえ捨ててしまったとしても見返してもらうことができます。よく出入りをする顧客であれば訪問の直前にfaxを送信して出かけるというのも良いでしょう。他の方法を併用して二段構えでアピールするとfaxで送った広告をよく読んでもらえるようになるのです。

先に顧客層を絞り込む

他の方法を併用してfax営業をするときにはもう一つの考え方があります。先に送る顧客層を絞り込むことによって営業効果を上げられる可能性が高まるでしょう。商品やサービスを利用してくれた顧客に対して、その日や翌日にfaxを送信すると、まだ関心が高い状況が続いているのでよく読んでもらえる可能性が高くなります。販促イベントなどを実施してアンケートでfax番号を記載してもらったり、名刺交換をして手に入れたりして得られた連絡先にすかさずfaxを送るというのも良いでしょう。商品やサービスに関連性のある別の活動と関連付けをして顧客層を絞り込み、興味があるうちにfaxを送ると読んでもらえる可能性が飛躍的に高まるのです。

原稿は白黒でいいので、郵送DMと比べても制作はずっと簡単。 faxdmは費用対効果の優れた広告ツール。 faxdmのデメリットを理解した、原稿作成が大切です。 faxdmをアンケートとして利用するなど、様々な活用方法をご提案します。 他の広告媒体と比べても原稿制作に手間がかからないので、ライバル企業に遅れを取ることもありません! faxdmの効果的な使い方がわかる無料セミナーを開催中! 効果を感じるfax営業が今ブーム